【賃貸借契約書(駐車場)】

古物商の許可を受け、中古車を売買するためには、原則として商品の保管場所(駐車場)を確保しなければなりません。
ご自宅の駐車場や親族所有の土地を保管場所にされる場合は、車庫証明を取っていない場所にする必要があります。

駐車場を確保しなければならない台数は、警察の管轄や商売の形態によって変わってきます。
通常、最低でも2~4台程度の駐車場を確保することを求められますが、インターネットなどを使用して比較的小規模かつ在庫をほとんど持たずに商売する場合には、申立書を添付するなどして保管場所を1台にできる場合がほとんどです。

この駐車場が賃貸である場合には、賃貸借契約書のコピーが必要となります。
但し警察署の管轄によっては、後述の使用承諾書も併せて必要になる場合があります。



<前へ      次へ>

 【関連ページ】